寝屋川バスの取り組み

貸切バス事業者安全性評価認定制度について

貸切バス事業者安全性評価認定制度とは、バス会社の安全性や安全に対しての取り組み状況を公益財団法人・日本バス協会が評価認定するもので、平成23年より本制度が始まっております。右図の「SAFTY BUS」ステッカーが貼られているバス会社が認定会社の目印となり、弊社でも平成27度より認定を頂いております。寝屋川バス㈱では、「安全な運行が最優先」「法令遵守の徹底」「安全意識の向上」を三原則に掲げ、すべてのお客様に安全に、安心してご利用頂ける様に、これからも様々な安全対策を継続して行って参ります。

乗務員の健康管理、運転適性管理の強化を行っております

寝屋川バス㈱では、毎年1回(必要に応じて2回)の健康診断と、2年に1回の運転適性診断を実施しております。昨今問題視されている連続勤務や連続運転、休憩・休息時間の不足による乗務員の体調不良が無き様、休日日数の増加や、運行管理課での勤務調整を行っております。 本年度より、SAS(睡眠時無呼吸症候群)の診断も全員を対象に行い、万全の体調で皆様をお迎え出来るように努めております。

運行管理の強化を行っております

バス乗務の1日は乗務員と運行管理者との対面点呼からスタートします。健康状態の確認の他に最新のアルコールチェッカーでの酒気帯び有無の確認、IC免許証リーダーでの有効期限のチェック、バス車両の日常点検による異常箇所等の確認、運行内容や通行ルートの確認、道路状況や現地の天候状況の把握を出庫時に必ず行っております。運行内容の把握についても、IP無線機装備によりリアルタイムでの車両位置が特定可能となり、また、全車両にデジタルタコグラフとドライブレコーダーが搭載されたことで、運行後入庫時の点呼で、適切な運転がされていたかを集計されたデータですぐに確認ができる様になり、安全運行に対しての管理がより強化されました。

車輌の点検・整備管理の強化を行っております

バスの車両については、法令定期点検・車検をもれなく行い、運行中のトラブルが無くお客様に安心してご乗車頂ける様に厳しく管理をしております。また、日々の運行前に行う日常点検についても定期的にチェックを行い、ベテランの指導員が直接に整備指導を行うことで、普段の点検においても些細な異常を見逃さない様に努めております。また、弊社では積極的に年式の新しいバスの導入を進めており、経年劣化によるバス車体の故障リスクを減らし、車両の安全装備の充実を図ることで、安心してお客様にご利用頂ける様に考えております。車内も清潔で快適な移動空間をご提供出来る様に努力しております。

安全研修会の実施、安全に関わる会議の開催をしております

毎月、全乗務員に対して安全に関わる研修会を実施しております。実際の事故映像を使用した危険予知トレーニング、ドライブレコーダーで記録された映像を基にディスカッション形式の研修、観光業務で必要とされる実地研修、冬季に雪道の山岳地帯へ赴き、走行やチェーン脱着などを行う悪路現場研修会、大型車・中型車の運転技能向上を目指す技能講習など、年間で教育計画を策定し、班分けを行いチームごとに研修を行っております。事務方も毎月月初に安全に関わる会議にて各セクションの代表者が集い、上記の教育研修等の計画や、事故防止に対しての対策案を練り、会社全体が一丸となって安全運行に努められるよう日々取組みを行っております。